神様の御心と私たちの欲望 (2011年5月8日)

神様の御心と私たちの欲望 パクジェフン牧師

創世記2章25節~3章10節

25 人とその妻は、ふたりとも裸であったが、

互いに恥ずかしいと思わなかった。

3.1 さて、神である主が造られたあらゆる野の獣のうちで、

蛇が一番狡猾であった。蛇は女に言った。

「あなたがたは、園のどんな木からも食べてはならない、と

神はほんとうに言われたのですか。」

2 女は蛇に言った。「私たちは、園にある木の実を

食べてよいのです。

3 しかし、園の中央にある木の実について、神は、

『あなたがたは、それを食べてはならない。

触れてもいけない。あなたがたが死ぬといけないからだ』

と仰せになりました。」

4 そこで、蛇は女に言った。「あなたがたは決して死にません。

5 あなたがたがそれを食べるその時、

あなたがたの目が開け、あなたがたが

神のようになり、善悪を知るようになることを

神は知っているのです。」

6 そこで女が見ると、その木は、まことに食べるのに良く、

目に慕わしく、賢くするというその木はいかにも好ましかった。

それで女はその実を取って食べ、いっしょにいた夫にも与えたので、

夫も食べた。

7 このようにして、ふたりの目は開かれ、それで彼らは自分たちが

裸であることを知った。そこで、彼らは、

いちじくの葉をつづり合わせて、自分たちの腰のおおいを作った。

8 そよ風の吹くころ、彼らは

園を歩き回られる神である主の声を聞いた。

それで人とその妻は、神である主の御顔を避けて

園の木の間に身を隠した。

9 神である主は、人に呼びかけ、彼に仰せられた。

「あなたは、どこにいるのか。」

10 彼は答えた。「私は園で、あなたの声を聞きました。

それで私は裸なので、恐れて、隠れました。」

メッセージのダウンロードはこちらから↓

http://www.box.net/shared/5p8ht4iv5g

日本語教会が場所を借りている、

Wilson Memorial United Free Church で

17時からオープン礼拝があり日本語での賛美をお願いされた為、

日本語教会の礼拝後に牧師の朴先生ご夫妻を含め

日本語で賛美できるメンバーが残って

「弱いものでも」と「生ける限り主を」の2曲を賛美しました。

賛美中、心に震えるような感動が起こり、

神様をこうして賛美できることに深い感謝を覚えました。

賛美を通して神様を再び知るというのはいいことですね。

いつか、日本語教会でも賛美礼拝を持って多くの方を

招くことができたらいいなと思った恵まれた夕方でした。(管理人)

広告

エディンバラ日本語教会 について

こんにちは!エディンバラ日本語教会です。 私たちは毎週日曜日に日本語で礼拝を行う、 プロテスタントの教会です。 お気軽に礼拝へご参加ください。 礼拝開始時間:毎週日曜日14.00~ 場所:Kirk O Field 140 The Pleasance Edinburgh Midlothian EH8 9PR 問合せ先:hesed0303@gmail.com (バク・ジェフン牧師) ejchurchblog@gmail.com (ブログ管理人)
カテゴリー: 礼拝メッセージ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中